プロフィール

ブログ管理人

Author:ブログ管理人
KOHKIセラピストとして活躍中の
星野助産師をメインアドバイザー
として迎えた育児相談ブログ。
不妊の悩み、妊娠・育児中の悩み、カラダとココロの悩み、明るくみんなで乗り越えましょう!
 „子供と家族の健康は、
           家庭で守る“
をモットーに、KOHKIを育児に、家族ケアに活用しているお母さん達の日々の記録も。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の愛、その新しいカタチ



ドイツ、デュッセルドルフ。
1月中に新しくKOHKIのファミリーケアを始めたお母さん、
ビクトリアさん、ハンガリー出身。

息子さんのお病気で、たくさんの病院を訪れましたが
1年ちかくたっても改善はみられず、症状は逆に悪化していっています。
そんな中、彼女の友人のハンガリー人女性が
最近、光輝療法を受けはじめて、その効果にびっくり。
お子さんの病気で悩むビクトリアさんに強く勧めてくださいました。

善は急げ、さっそく、お母さんに連れられてきたミヒャエル君。
KOHKIの煙の匂いを嗅いで、すぐに気に入ってくれました。
足底のツボから薬草のエネルギーを入れてあげると、うっとりと堪能。
よほど気に入ったのか、帰り際にもママの耳にもひそひそっ、
「あのアシにしたやつ、もういっかいしてほしいんだ・・・」って。

その後、ミヒャエル君のリクエストで(その夜から)、
ヴィクトリアママ、KOHKIをおうちで始めることになりました。
「寝るまえに、足の裏からエネルギー、入れてね。」

“おやすみのキッス”と、“絵本の読みきかせ”。
そして“KOHKIケア”。
21世紀、“母の愛”の、あたらしい形です。


KOHKI care kids1

弟ロルフ君もKOHKIにハマっちゃいました。
クマさんのケア中です↑。




スポンサーサイト

2歳になりました!


こんにちは、横浜のなおママです。
早いもので、息子も2歳になりました。大変だったことも、過ぎてしまえばあっという間。
ここまで元気に育ってくれたことに感謝です。
1歳の誕生日はまだアトピーがひどくて、離乳食は何を食べても湿疹がひどくなるし、
どうすればいいか家族で悩みながらの日々。
その後、星野さんや横浜スクールの皆さんにサポートしてもらいながら、離乳食をすすめて、
今ではいろんなものが食べられるようになりました。肌も落ち着いてきて、元気に走り回る毎日。
おしゃべりも上手になってきた2歳の誕生日は、1歳の誕生日よりも「よく育ったな~」と感慨深く感じます。
何かあるたびに相談にのってくれた星野さん、ありがとうございます。これからも宜しくお願いします。
そしてアトピーっ子パパママの先輩、宮崎の仲野さんご夫妻もいろいろ相談にのってもらって
ありがとうございます。
2歳の今までで、息子が熱を出したのは片手で足りるくらい。突発性発疹で40度近く熱が出たときは、
さすがにぐったりしていたけど、それ以外は38度ぐらいの熱で、光輝をかけていれば、
熱はあっても機嫌よくしていてくれるので助かりました。
最近の息子はおままごとと同じ感覚で「光輝ごっご」をして遊んでいます。
光輝のことを「しゃーしゃー」といって、ぬいぐるみを「ねんね」させて積み木を光輝の器具代わりにして
かけてあげたり、私が夫の手を流していると、息子もいっしょになって「しゃーしゃー」したり。
そんな姿を見ていると、息子にとって光輝は生活の一部で当たり前のものなんだな、と感じます。
まだまだ2歳、成長していく中で、これからもっといろいろなことがあるんだろうけど、
光輝の先輩ママたちをみていると、何かあってもきっと光輝が手助けになってくれると思えるので心強いです。

なおママ

今日の小さなお客さま


今日は、ドイツスクールに可愛いお客さま。3歳のふたごちゃんです。

ママが施術を受けてぐっすりお休みのあいだも、

ふたりでアンパンマンを見ながらいい子に待ってられました。

途中思い出してはママの顔を覗きにきて、ほっぺをツンツンしていましたが

ママは深い深~い眠りに入っていて気がつかなかったそうです。育児でお疲れのご様子。

最初は、ママが「きょうは、こうきにいくよ!」というと、ふたりは「ひこうきにのるのー?」と

言っていたそうですが、いまは「こうきで、いたいとこなおしてもらったの」と

おうちに帰ってから、おはなしするそうです。かわいいです。

小さなお客さま


また来てね~!!





「ママ&ベイビーのお昼寝ケア♪」

totoro.jpg
↑日本が世界に誇る“スタジオジブリ”。ドイツでも人気です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10月のデュッセルドルフ、光輝ドイツスクールでは、
新しく数名のお母さんたちが、お子さん・赤ちゃんを連れていらしてくれました!!

育児疲れのお母さんが施術を受ける間、子供たちはすぐ隣で「となりのトトロ」など楽しく鑑賞。
また、体調不良を訴える子供が施術を受けている間に、お母さんは街でゆったりお買い物。
こういうパターン、今までドイツではあまり無かったのですが、
お母さん・子供たちにとっても、けっこう、いいカンジ。。。

また別のパターンでは。
夜泣きの烈しい生後9ヶ月の赤ちゃんを連れてきてくださった、ママさん。
育児疲れからか四十肩でほとんど腕が上がらなくなってしまい
隣人の助けも借りながらなんとか赤ちゃんを連れてスクールまで辿りついたものの
ボクちゃんは、日中もママから少しでも離れると泣いてしまって、なかなか施術ができません。
そこで思いついた秘策が、「ママ&ベイビーのお昼寝ケア」。

床に柔らかい毛布なんかを敷いて、そこに赤ちゃんを抱っこしたママさんがゴロンと横になる。
そのまま授乳したり、二人でウトウトしてみたり、あわよくば爆睡してみたり。
普段、おウチでしているのと同じようにゴロゴロ過ごしてもらいながら、
そんな二人のまわりを、光輝の器具が、そ〜っと飛び回るのです。

赤ちゃんのケアも同時に行うから、普段、家にいるときよりも良く眠ってくれるし
その隙に、お母さんの四十肩のケア・心身の疲れを癒す施術も行える。
なんと素晴らしきっ、“お昼寝ケア”。
光輝だから出来る、光輝ならではの、“癒し”ではないでしょうか?!

なんてちょっと暴走してみましたが
11月も「ママ&ベイビーのお昼寝ケア」、継続いたします。
育児に疲れたお母さんたちに、神経のバランスを崩した赤ちゃんたちに、
心おだやかで笑顔あふれる日々をもたらすことができますよう、がんばります。
こころあたりの方、ぜひ、お気軽にスクールへおこしください。

ドイツスクールスタッフ Ishii

P.S.
赤ちゃん・ママのケアは、子持ちの母でもある女性スタッフがおこないます!

テーマ : こどもとお出かけ〜♪
ジャンル : 育児

育児ママの慢性疲労、解決法。

ここ最近、育児に疲れたお母さんたちの身体を診させてもらう機会が多いです。

もともと元気で、大きな病気もしたことのないお母さん達、

外見からはすぐにわかりませんが、身体をみると、びっくりするほどに皆さん一様にお疲れです。

これだけ疲労が蓄積してるのに、本当によく子育て頑張ってるなぁと、

その身体を診せてもらうたび、すごいなーと思います。

ここ最近、4人のお子さんをお持ちのお母さんが、光輝を受けにきてくれています。

極度の疲労を抱えていたそのお母さん、

施術を受けて帰宅後、その夜はぐっすーーーり眠り充電完了、

翌日以降ご主人がその変化にびっくりするくらい元気になったと、教えてくれました。

お母さん自身の身体のケアがおざなりになりがちな育児期間、

なかなかゆっくり自分のための時間を作ることはむずかしいです。

最近、光輝のセラピスト、会員さんの間で大流行の栄養スープ。

母乳育児中のお母さんに、疲労続きのお母さんにこそ、おすすめしたいんです。

身体を動かすために必要なエネルギーは毎日のお食事からとりますが、

疲れたからだ、疲れた胃腸では、せっかく食べたごはんも

うまく消化・吸収することができません。

結果、からだを十分に動かすだけのエネルギーが足りなくて、

疲労を排出するエネルギーも足りなくって、疲労は溜まっていくばかり。

そんなとき、お肉や野菜の栄養だけをとりだしたスープは、

消化の手間がかからずに、そのまま身体に栄養として効率よくとりこまれます。

朝晩、もしくは朝昼晩続けてみると、1週間くらいでその効果を実感しはじめます。

いつもなら疲れている時間帯のはずなのに、不思議と元気!

睡眠不足なのに、朝からなんだか調子いい・・・

肌の調子がよくなった!!

いろいろな声が届いています。

身近にある材料で簡単にできるので、妊婦さんにも、

産後や母乳育児中のお母さんにも、ほんとうにおすすめです!


レシピはここをクリック↓↓↓
☆栄養満点スープ レシピ☆

オーストラリアからのお便り↓↓↓
栄養満点スープ from オーストラリア


赤ちゃんの離乳食にもいいですね!!!








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。